未経験からプログラマーになるためにやるべき2つのこと

プログラミング

20代後半未経験からプログラマーになった

ようへいです。

僕は、2016年に完全未経験から転職してプログラマーになりました。

今回は昔の自分のようにプログラマーを目指している人の役に立てればと思い

未経験者がプログラマーに転職するためにやるべきことを書いていこうと思います。

 

プログラミングをしてみる

とにかくまずは、プログラミングしてみましょう。

プログラミングを始めるのは簡単です。

ただ、本を買ってプログラミングを始めようとする人も多いですが

僕はオススメしません。

初心者向けの本って沢山あるのですがどれも全くの初心者には難しいと思います。

自分も最初は本を買って勉強をしようとしたのですが挫折しました。

同じような経験をしている人は多いみたいです。

今は、プログラミングを学習できるサイトが沢山あるのでそちらでプログラミングを始めましょう。

プログラミングが出来る環境の構築を行わなくても

登録すればすぐにプログラミングを始められます。

プログラミング初心者の人が最初につまずくポイントってプログラミングが出来る環境の構築なんですよね。

いずれ覚える必要がありますが

最初は無理して環境の構築をする必要はないです。

最初はとにかくプログラミングをしましょう!

 

僕のおすすめはprogateです。

Progate(プロゲート) | Learn to code, learn to be creative.
Progateはオンラインでプログラミングを学べるサービスです。プログラミングを学んでWEBアプリケーションを作ろう。

 

説明のスライドが分かりやすく入門には最適です。

無料登録すればすぐにプログラミングを始められます。

 

実際にプログラミングをやってみると自分がプログラマーになりたいのかどうか分かるはずです。

楽しいと思えないのならプログラマーになることを考え直してみても良いかもしれません。

逆に楽しいと思えるならプログラマーを目指しましょう!

プログラミングスクールに行こう

プログラマーを目指すのであれば

本格的にプログラミングを勉強していきましょう。

独学で勉強するのも良いですが僕は

プログラミングスクールに行くことをオススメします。

僕もプログラミングスクールに行ってプログラマーになりました。

 

独学で勉強するのも良いのですが

最初は人に教えてもらった方が成長が早いです。

分からないことがあった時にすぐに人に聞ける環境があることは自分の成長を早めてくれます。

自分で何時間もかけて調べても分からないことが人に聞いたらすぐに解決するということが初心者にはよくあります。

自分で一人で勉強するよりも明らかに効率は良いです。

 

プログラミングスクールは今は沢山あるので何処に行けばよいか迷うかもしれませんが

選ぶ基準として、転職の支援をしてくれるところにしましょう。

プログラミングを教えるだけの所もありますがそういう所はやめておきましょう。

 

あくまで目的はプログラマーに転職することです。

技術だけがが身についても転職出来なければなんの意味もありません。

 

未経験の転職活動は相当大変ですし

結構な時間を取られてしまいます。

 

転職の支援をしている所であれば

面接の対策などプログラミングの技術以外の所もフォローしてくれます。

自分で転職活動するよりも時間を節約出来るので

プログラミングの勉強に集中できます。

 

就職支援をしてもらって効率よくプログラマーになりましょう。

まとめ

・実際にプログラミングをしてみる。

・就職支援をしてくれるプログラミングスクールに通う。

コメント